助成金とコンサルティング業務

助成金に対する考え方

実際に活用している強み

a1380_000393キャリアアップ助成金人材育成コース・正社員コース、キャリア形成促進助成金、介護支援取組助成金、小規模事業者持続化補助金・・・これらは弊社が近年で利用した助成金や補助金の一覧です。

そのほか資金面では埼玉県の制度融資と日本政策金融公庫を活用しています。制度融資にも県が行っている助成が含まれますから、より安い利率で資金調達が可能です。助成金と同じ役割を果たすと考えて良いでしょう。

これらは中小企業にとっては当然の施策ですが、実際に活用している社会保険労務士というのは驚くほど少ないはずです。

知らなければそのままになってしまう

「気になっているけど・・・よくわからないのでそのままにしている」という事業所さんがほとんどです。
助成金を知らなければ申請できません。申請できなければ活用できません。特に中小企業、小企業のための助成金なのですが、一つひとつ調べて、どれが自社に活用できるかを検討するのは確かに難しい作業です。ですがそれによって年間100万円の利益を失っていると考えたらどうでしょうか。大きいですよね。

企業の責任とインセンティブ

企業は法人税を納め、また社会保険料を負担しています。これは社会のために企業が果たす責任です。一方で、国が社会を臨む方向へ変えていくとき、「協力してくれる企業」に対して助成金という形でインセンティブが支払われます。
「協力してくれる」と書きましたが、知らないうちに協力していることも少なくないんですよ。あとは手順に沿って手続きを行っているかによって、助成金が得られるか変わってきます。もったいなくなってきましたね笑

その助成金を使って企業はより良い労働環境を整備できる、その結果、新たな利益を労働者が生み出します。社会を良い方向へ回していく潤滑油になるのが助成金です。ぜひお問い合わせください。

ページ上部へ戻る